蹴上の違う階段

以前、『階段の蹴上げが違う』という動画をお伝えしました。
https://youtu.be/wlvNijfRBBE

詳しくは上記動画をご覧いただければと思いますが、ざっくりお伝えしますと、この家の階段は今の位置ではなく別の場所に階段が付いてあって、それを今回のリフォームで全て壊して今の位置に新たに設置しました。

しかし、新たに設置した階段にもかかわらず、蹴上が違うということになっていたので、このままでは怪我をする恐れがあるため、そうなってからでは大変だと思い、せっかく新たに設置した階段だったのですが、それを全て壊して再度新たな階段を設置したという流れになってます。



再工事の際に壁を剥がしてみてわかった意外な事実

その蹴上が全て均等になった新たな階段への直しは、今の大工さんにしていただいたのですが、その工事の際に階段横の壁を剥がしてみたところ、なんとそこには和室で使われるある木材が使用されていることがわかりました。

その木材は、表面が平らではなくボコボコしていて、一般的に和室で使われる『床柱』というものでした。それが2階の床の根太になる箇所で使われているということです。



腕が良いのか悪いのか・・・

床柱というのは構造体では無いので、普通はこういった使い方はしないようなのですが、その時の大工さんが古材を有効活用しようとして設置したのかもしれません。
(この家のリフォーム前の和室で使われていた床柱を使用している思われます。)

しかし、今入ってもらっている大工さんが言うには、こういった使い方をするには非常に手間がかかる作業だとのことです。

それはそうだと思います。最初から規格サイズの平らな木を使えば、カンナなどを使わずにある程度調整するだけで設置できると思いますが、その木材だけ表面がボコボコしていたら、その上に載せる床などが傾かないように慎重に削らなければいけないですし、他に使用する根太とのサイズや高さ調整をする必要もでてくるからです。

ですから、今の大工さんが仰るには、「その大工さんが果たして腕が良いのか悪いのかわからん・・・」とのことです。

設置されているその根太(床柱)を見ると、しっかりと平らに削られていないので、少し不安に感じるところはありますが、今入ってもらいっている大工さんが確認したところ、大丈夫だという判断をされたので、それを信じたいと思います。



壁や床をはがす度にヒヤヒヤ

再工事をするにあたっては、壁や床などを一度はがして工事をしてもらっていますが、その度に新たな欠陥や意外な発見があるので、その度は私はヒヤヒヤしています・・・。



というわけで、以上の内容を動画にまとめてみました。どうぞご覧ください。