今回のリフォームで新たに取り付けてもらった窓枠でしたが、色違いで継ぎ足しによる窓枠になってしまっていました・・・。

通常であれば一枚の木で窓枠を仕上げてくれればいいのですが、そうはなっておらず、継ぎ足しをしてしまっています。

動画の中では紹介していませんでしたが、リフォームが一度終わったあとに、私たちが各部屋をチェックをしたときには、この継ぎ足し部分は無く、その部分が溝になっていて約1cmほどが凹んだ状態になっていました。

窓と窓枠に1cmほどの凹んだ部分を作るのは、どういった意図があるのかわかりませんが、美しくない仕上がりだと思いますし、また、その溝にゴミがたまり掃除も大変になることから、やり直しの要望を伝えたのですが、そうしたところ、こういった仕上げになっていました・・・。

しっかりと計算して木材を加工すれば、溝が出ること無く仕上げることは可能だと思うのですが、ここも手抜き工事と思わざるを得ません。

というわけで、今回の欠陥についての内容を動画にまとめてみましたのでどうぞご覧ください。