欠陥住宅 / 築50年の家をリフォームしたら39ヶ所に不具合が!

欠陥住宅系ユーチューバーとおルンです。のんびりとした田舎暮らしを夢見て、2018年5月に周り一面田んぼが広がる土地を購入しました。 その敷地内には築50年になる家も付いていたので、その中古住宅を同年7月からリフォームしましが、依頼していた業者の施工があまりにもずさんであったため、再リフォーム工事が必要となり、本来であれば2018年10月に引っ越しできていたはずが、いまだに出来ずにいます・・・。いわゆる欠陥住宅ってやつです・・・。

2019年05月

今回は業者さんのタバコについての話です。ウチでは私もかみさんもタバコは吸いません。つまり、ウチの家族は誰ひとりとしてタバコは吸わないんです。このことは今回のリフォーム業者さんも話をして知っていることです。しかし、その業者さんはいわゆるヘビースモーカーで、 ...

今回は基礎の部分についてです。基礎は建物を支える上で大変重要な箇所かと思いますが、その基礎の一部に穴を開けてしまっています…。私のところは布基礎になっていますが、この基礎の一部にコンクリートブロック1個分ほどの穴を、今回の工事で開けてしまっているんです。工 ...

床下に潜って配管などを点検するための入口である点検口。しかし、その入口に入るには非常に手間がかかる構造になっていて、点検口として機能することに難ありです・・・。まず、洗濯機を置く予定の真下の位置に点検口があるので、点検口に入るたびに、設置した洗濯機をその ...

今回は階段についてご紹介します。階段には踏面(水平部分)と蹴上(垂直部分)がありますが、この蹴上が一定では無いという話です。蹴上の高さが違うということは、特に階段を下りる時につまずく可能性があると思います。たいていの階段は全て同じ蹴上ですから、階段を下り ...

とおルンと申します。田舎暮らしを夢見て、昨年、周り一面に田んぼの風景が広がる土地を購入しました。その敷地内には築50年になる家も付いていたので、その中古住宅を昨年7月からリフォームしました。リフォームは地元の業者にしてもらいましたが、その設計や施工が驚いたも ...

↑このページのトップヘ