今回は脱衣所の床下の断熱に問題があるという内容です。

この脱衣所は今回のリフォームで床にはタイルを貼り、その床下には断熱材をしっかりと入れてもらっているはずなのですが、建築士の方に床下に潜って確認をしてもらったところ、グラスウールという断熱材が床下にくっついておらず、地面に剥がれ落ちてしまっていることがわかりました。

それを今回の動画で私自身も確認することができたのですが、断熱材が見事なまでに剥がれ落ちてしまっていて、これではたしかに断熱の効果を果たしていないと素人が見てもわかる状態になってました。

また床下には明らかにゴミと思える使っていない排水管がそのままに放置されていて、工事のずさんさがここでも確認できるものになってます・・・。

断熱の問題についてはこの脱衣所だけに限らず、リビングや寝室も同様な状態になっているので、これらを修理するとなると床を全て剥がして(床下に潜るスペースが無いので床を剥がす方法しかない)、断熱材を入れ直さないといけないので、そうなると大工事になってしまう為、これに関しては諦めざるをえない状況です・・・。

というわけで、今回の内容を動画にまとめてみましたのでどうぞご覧ください。




撮影秘話

今回の撮影では床下に潜る場面をわかりやすく伝えたかったので、スマホのカメラも含めて計3台で同時撮影をしました。
また、脱衣所では明かりが足りなかったので照明を足しました。
床下の撮影ではスマホのカメラを使いましたが、一度撮影した映像を確認すると床下が暗すぎてあまりよく写っていなかったので、床下にも明かりを付けて再度撮影するなどして、なんだかんだで計3回潜ることになりました・・・。(笑)