今回は欠陥箇所の紹介ではなく、ここ最近の私の悩みについてお話します。

問題点は3つ
1.切実なお金の問題
2.冬の寒さ問題
3.メンタルやられちゃう問題



1.切実なお金の問題


毎月の支払いについて

本来であれば昨年の10月にはこの家に引っ越しが出来ていたはずなんですが、欠陥住宅ということがわかってから諸々の手続きを行い再リフォーム工事を今もしていて、未だに引っ越しができていない状態になってます・・・。

家を建てたりリフォームしてマイホームを手に入れる方は、金融機関に住宅ローンを組んで融資をしてもらうケースが多いと思いますが、これにはマイホームを手に入れることで今住んでいるところの家賃が無くなり、その分を住宅ローンに回せると考えるのが通例だと思います。

しかし私のところは、まだ引っ越しが出来ていないので、今住んでいるところの家賃が今もかかってしまっているということと、さらに、住宅ローンで借り入れてその支払もあるので、毎月の支払いが「今の家賃」と「住宅ローン」とで支払いが2倍以上発生してしまっています・・・。
さらに、この家はまだ住めていないにもかかわらず、電気代、固定資産税、火災保険などがかかり、そういった諸費用もかかってしまっています。

住宅ローンの支払は今の家賃の1.5倍くらいなので、実際の毎月の支払いは通常月の2倍どころか2.5倍ほどになっていて、この状態がここ数ヶ月ずっと続いていて資金的に非常に切羽詰まっています・・・。
いくら自虐系ユーチューバーといえど、これは毎月のことなので、かなりしんどいです。(泣)

金融機関さんのほうで住宅ローンの支払を待ってくれればいいのですが、それはこちらの都合なのでそういうわけにはいかないでしょうから、最悪の場合、住宅ローンの支払いが滞る可能性が出てきてしまっています・・・。
住宅ローンの支払いが滞るとなれば、この物件の差し押さえということも考えられ、さらには物件自体の売却ということにもなりなねない状況です・・・。


時間と意識がもっていかれる

家を1件リフォームするには結構な時間がかかります。
まず、プランをたてるところから始まり、施工業者と打ち合わせをしたり、お金を借り入れるにあたって金融機関に相談したり、それにあたっての必要な書類を揃えたり、各種公共料金の手続きをしたりと、結構な手間がかかります。

また、私の場合は欠陥工事ということがわかってから、それを検証するために建築士の方に見ていただいたり、再リフォーム工事が必要になるので新たな業者さんにお願いしたり、相手方と揉めることになるので裁判所に行ったり、その手続に必要な書類を作成したり、弁護士に相談したりと、これまた結構な時間と手間が発生しました。

幸い私はサラリーマンではなく自営業なので、時間的な融通は利くのですが、このことによって時間と意識がそっちのほうへ持ったいかれてしまっているため、ここ数ヶ月の間はまともに仕事ができていない状態になってます・・・。

つまり、まともに仕事ができていないということは、収入もここ数ヶ月激減しているということでもあり、さらには支払いが2倍以上になっているという現状でして、本当に毎月しんどいわけです・・・。(泣)



2.冬の寒さ問題


断熱が悲惨な状態

この家は、屋根・壁・床の外側をガッチリと断熱することで、この寒い地域でも温かい家になると相手方が言っていました。
それを聞いて私は信じていました。

しかし、出来上がってみると色々と問題点がわかってきました。
例えば天井の断熱については、本来入っているはずの断熱材に対して3分の1しか入っていないとか、床については、本来は床下にしっかりと付いているはずの断熱材が剥がれ落ちてしまっていているなど、断熱に関しては本当に悲惨な状況になっています・・・。

断熱材が剥がれてしまっている動画:https://youtu.be/8PiYFeVMYfU

今行っている再リフォーム工事では、命の危険がある箇所や怪我をする可能性のある箇所を優先的に直してもらっていて、断熱の修理についても本当はしたいところなんですが、いかんせん資金が底をついてしまっていて、そこまで手を加えられない状況になってます・・・。


追加の住宅ローン

追加工事の費用が必要になることから、金融機関に追加の住宅ローンを組めないかとお願いしに行ったのですが、結果的にはダメでした・・・。
対応してくれた担当の方は親身になって相談にのってくれて、それには感謝しているのですが、結果的はそういった形なので、これ以上お金を借り入れることができない状況です・・・。
やはりサラリーマンでないということは不利なようです。


寒い冬を乗り切る案

このあたりは冬は雪が降って、気温はマイナス20℃や30℃にもなるほどの寒い地域です。
そんな寒い地域にもかかわらず、この悲惨な断熱の状況と、玄関からの隙間風があったりもするので、そうとう深刻な冬の寒さを覚悟しないといけません。

それを回避するために色々と考えたところ、春・夏・秋の暖かい時期はこの家に住んで、冬の時期だけは近くのアパートを借りるなどしてそこでしのぐという案を考えました。
そうでもしない限り、この家で冬を過ごすというのは無理だろうと思ったわけです。

しかし、そう都合よく冬の時期だけアパートが借りられるのかという問題や、その都度引っ越し手続きと住所変更をしないといけないということは、それはそれでその手間や費用は相当重くのしかかってくるということも想像でき、非常に悩んでいます・・・。



3.メンタルやられちゃう問題

こういった状況が数ヶ月続いているので、メンタルやモチベーションが激落ちしてます・・・。
また、信頼をしていた方にお願いしたリフォームがこういった欠陥工事となっているので、人間不信にも陥ってます・・・。

このブログの更新やユーチューブの動画の配信がいつまで続けられるのかは今はなんともいえません。
突然、動画の配信が止まったと思ったら、ついに「とおルン精神崩壊したな」と思うか、この物件が差し押さえになったか売却してしまったかということになっているかもしれません・・・。

そうならないように、なんとか今も色々と案を考えているのですが、資金的にも精神的にも非常に厳しいです。


というわけで、「こういった被害にあうということはこんな現実が待っているよ」、という欠陥住宅の被害にあっている私自身の生々しいお話となりましたが、
今回の内容を動画にまとめてみましたのでどうぞご覧ください。