欠陥住宅 / 築50年の家をリフォームしたら39ヶ所に不具合が!

欠陥住宅系ユーチューバーとおルンです。のんびりとした田舎暮らしを夢見て、2018年5月に周り一面田んぼが広がる土地を購入しました。 その敷地内には築50年になる家も付いていたので、その中古住宅を同年7月からリフォームしましが、依頼していた業者の施工があまりにもずさんであったため、再リフォーム工事が必要となり、本来であれば2018年10月に引っ越しできていたはずが、いまだに出来ずにいます・・・。いわゆる欠陥住宅ってやつです・・・。

カテゴリ: 瑕疵の箇所

ある日、気づいてみると、天井にしっかりと付いてあるはずの照明が、コードにぶら下がった状態で落ちていました。調べてみると、天井の裏の下地に付けるはずのソケットが下地に付いておらず、厚さ9mmの天井の石膏ボードに木ネジで刺さっているだけという状態になっていること ...

複数箇所の問題点今回はキッチンの棚に問題があるというお話になります。この棚には複数の問題点があるのですが、まず、棚を取り付けている木ネジが壁を突き抜けてしまって危ない状態になってます。そして、棚の天板にMDFという素材を使用している箇所があり、それが非常に薄 ...

カップボードの足元に大きな隙間があります。隙間というよりは穴といっていいでしょう。穴の大きさは、幅2.5cm、奥行き11cmもあります。ここはキッチンなので、虫の通り道になることが予想されるわけで、穴の大きさといい虫としては過ごしやすい格好の場所になりそうです・・ ...

樹脂サッシの取り付けがずさんでした。本来はサッシを取り付けている横の面を隠すの望ましいのですが、その部分がそのまま見えてしまっていて、横幅がサイズに合ったものではないこともあり、壁と枠との間に3mmほどの隙間が出てしまっています。そして、本来のネジ穴ではない ...

今回は脱衣所の床下の断熱に問題があるという内容です。この脱衣所は今回のリフォームで床にはタイルを貼り、その床下には断熱材をしっかりと入れてもらっているはずなのですが、建築士の方に床下に潜って確認をしてもらったところ、グラスウールという断熱材が床下にくっつ ...

2つ並んだスイッチですが、同じ高さに付けておらず、微妙にズレてます・・・。ズレとしては5mmほどなので欠陥と大きくうたうほどではないので、この箇所については今回の39ヶ所には含めていません。ただ、気になる方は気になると思います。電気屋さんも手抜きをしたのかと思 ...

今回はキッチンの物品庫の扉に問題があるという内容です。しっかりと閉まりきらずに、少し出っ張ってしまっています。動画の撮影時では扉の金具を調整すれば比較的簡単に直せる箇所かと思っていたんですが、大工さんに見てもらったところ、取り付けされている枠と壁が歪んで ...

床と壁のと間に付けられる部材のことを巾木といいますが、今回はその取付に問題があるという内容になります。問題となる箇所は廊下になりまして、そもそもこの廊下の床が微妙に斜めになっているということ自体が問題なのですが、その影響で床と巾木の間に隙間が出てしまって ...

今回のリフォームで新たに取り付けてもらった窓枠でしたが、色違いで継ぎ足しによる窓枠になってしまっていました・・・。通常であれば一枚の木で窓枠を仕上げてくれればいいのですが、そうはなっておらず、継ぎ足しをしてしまっています。動画の中では紹介していませんでし ...

今回は洗面所関連の欠陥についてご紹介いたします。この洗面所には大きく3つの問題がありました。1、洗面台と壁との隙間にまさかの部材が!洗面台と壁との間にはどうしても隙間ができてしまうものです。これは仕方がないです。その出来てしまった隙間を埋めてもらっているの ...

↑このページのトップヘ