欠陥住宅 / 築50年の家をリフォームしたら39ヶ所に不具合が!

欠陥住宅系ユーチューバーとおルンです。のんびりとした田舎暮らしを夢見て、2018年5月に周り一面田んぼが広がる土地を購入しました。 その敷地内には築50年になる家も付いていたので、その中古住宅を同年7月からリフォームしましが、依頼していた業者の施工があまりにもずさんであったため、再リフォーム工事が必要となり、本来であれば2018年10月に引っ越しできていたはずが、いまだに出来ずにいます・・・。いわゆる欠陥住宅ってやつです・・・。

カテゴリ: 瑕疵の箇所

水の出の勢いが弱いことが判明前にトイレの紙が流れないという問題があって、その時の問題の紹介と、それが解決したという動画を配信しました。[悲報・欠陥住宅] トイレの紙が流れていかないhttps://youtu.be/Or5kG4OiCgQ[朗報・欠陥住宅] トレイの紙が流れない問題が解決!h ...

今回はキッチンの背面にあるカップボードの扉についてです。左側の扉はすんなり開いて問題ないのですが、右側の扉が開けづらい状態になってます・・・。力を入れて無理やり開けようとすればどうにか開きますが、その開けた後に閉めようとすると、今度はきちんと閉まりきりま ...

今回はお風呂の浴槽を支える土台についての問題です。この浴槽はホーローで出来ていて、お湯を入れて大人が入ると400kgくらいの重さになります。その浴槽を支えている土台の部材が木で、なおかつ高さ調整のためにスレートという部材で構成されていることがわかりました。この ...

リフォームの際に取り付けてもらった中古の玄関ドアですが、施工に問題があって不具合が多数みられることがわかりました。今回は、その一部に絞って欠陥具合をご紹介します。この玄関ドアは今回リフォームした際に、そのリフォーム業者(今回の住宅紛争の相手方)が、他の現 ...

以前、トイレの紙が流れないという問題の動画をお送りしましたが、その後、新しい業者さんに色々と作業していただいて、やっとその問題が解決しました!以前の動画[悲報・欠陥住宅] トイレの紙が流れていかないhttps://youtu.be/Or5kG4OiCgQ改善した点は次の4点です。1、ト ...

今回はストーブの排気トップの位置に問題がある、という話です。今回のリフォームでは、排気トップはFFストーブの裏側にあたる壁に穴を開けて設置されました。この排気トップの位置を素人目で見ると、ストーブの裏側になるので管も目立たなくなり良いのでは、と思ってしまい ...

今回はキッチンの床に貼った床暖パネルの位置についてのお話です。今回のリフォームで、キッチンの床はタイルにしました。これはかみさんの希望があったためです。そもそも今回のリフォーム案は、私達は家中をスリッパ無しで歩き回れる空間を望んでいたので、冬場に冷たくな ...

今回は業者さんのタバコについての話です。ウチでは私もかみさんもタバコは吸いません。つまり、ウチの家族は誰ひとりとしてタバコは吸わないんです。このことは今回のリフォーム業者さんも話をして知っていることです。しかし、その業者さんはいわゆるヘビースモーカーで、 ...

今回は基礎の部分についてです。基礎は建物を支える上で大変重要な箇所かと思いますが、その基礎の一部に穴を開けてしまっています…。私のところは布基礎になっていますが、この基礎の一部にコンクリートブロック1個分ほどの穴を、今回の工事で開けてしまっているんです。工 ...

床下に潜って配管などを点検するための入口である点検口。しかし、その入口に入るには非常に手間がかかる構造になっていて、点検口として機能することに難ありです・・・。まず、洗濯機を置く予定の真下の位置に点検口があるので、点検口に入るたびに、設置した洗濯機をその ...

↑このページのトップヘ